しばらくお待たせしました。
I’m sorry.
Thank you waiting for so long.

今週は高橋留美子による色褪せない名作のひとつを紹介しよう。
This week, One of the masterpieces which she made.

“めぞん一刻” by高橋留美子
“Maison Ikkoku” by Rumiko Takahashi 

未だ現役漫画家の高橋留美子氏だが、この作品の連載は40年前に遡る。
She is still an active comic artist.
But, This comic is before 40 years.

1980年11月から7年に渡る連載。
She published it serially for 7 years, since 1980.11.

総巻数15冊と他の作品と比べてもあまり長くはないが、 それでもあまりにじれったい。
There are 15 volumes in all.
In comparison with other comics, it is not a long work either.
A story does not advance.

たった15冊とは思えないほどに、長く長いじれったさを感じる作品なのだ。
There are only 15 books.
I don’t think with only 15 books.
I felt this story to be long long “じれったい” story.

※“じれったい” is difficult to explain...
A story doesn't readily advance, and doesn’t turn out the way to think.

個性の強すぎるキャラクターが多く出てくるのも高橋留美子作品の魅力のひとつ。
Many strong character of the personality in the story.

レギュラーキャラクターがこれだけ多いと、茶々を入れている間に1話終わっていることも珍しくない。
There are too many regular characters.
Their interrupting disturbs the progression of story.

一歩進んでは五歩下がるような一刻館でのラブコメディ。

Romantic comedy day like the take one step forward and five steps back.
That place “Ikkoku-kan”.
 

一筋縄ではいかない恋愛模様の描写は、逆にフィクションではなかなかお目にかかれない。
The not easy love description that she draws.
Backword, It is unusual in the fiction.

奥手な日本人らしさ溢れた恋愛漫画であることは、私が保証させていただこう。 
Love comics full of Japonism.
I guarantee it.

もしかすると、日本人以外にはカルチャーショックもあり得るだろうか……。
Maybe...
Cultural shock may be caused, Other than a Japanese.