COMIC JAPAN(仮)

December 2019

最近時代モノにハマっている。
Recently, I like comics of the period piece .

”王国の子” by びっけ
”Child of the kingdom” by Bikke

歴史&フィクション&ノンフィクションは神様が考えた配合。
History and fiction and nonfiction.
The combination that God thought about it.

まさに黄金比率。
The right golden ratio.

遡ること1500年代。王家を守るために存在した影武者というストーリーだ。
Dates back until the 1500s.
The story that there was a mastermind to protect a royal family.

史実を辿りながら、生き生きと描かれる登場人物たち。
The characters are drawn lively while following a historical fact.

こんなストーリー、ノンフィクションであればいいのに。
It should be such a story, nonfiction.

こんなストーリー、フィクションであればいいのに。
It should be such a story, fiction.

読み進めながら、ふたつの思いが交錯する。
Two thought mixes while being able to go on reading it.

読み終えたとき、かつて生きていた彼女に思いを馳せるだろう。
When you habe finished reading it.
You will think about har who has ever lived.

読み終えたとき、彼女の痕跡を辿りたくなるだろう。
When you habe finished reading it.
You will want to follow har trace.

困りごとがやっと解決。
The matter is settled at last.

PCキーボードのCがどうしても見つからなくて、古いPCをやっと引っ張り出してきた。
C of the keyboard disappeared.
I found out an old PC.

今週はこれ。
This week, This one.

”ニュクスの角灯” by高浜 寛
”Nyx Lantern” by Kan Takahama



まだ、世間への浸透感は薄い。
The world has not shown interest yet.

しかし、2018年ですでに受賞歴があり、世間に広まるのは時間の問題だろう。
However, He won a prize in 2018.
It is a matter of time that he is known to the world.

描かれるのは1878年、日本では明治時代と呼ばれる。
He created a story of 1878.
We called that time the Meiji era in Japan.

当時外国との接点が少なかった日本の、数少ない玄関口のひとつ、長崎。
Japan at the time did not have a relation with a foreign country.
One of a few ports is Nagasaki in that.

国外から持ち寄られるアンティークに心を躍らせる、ひとりの少女。
The girl who is moved a heart to a foreign antique.

日本が歴史から現代に変わっていく様を、まるでそこにいるかのように感じることができる。
Japan changes from history to the present age, I can feel it as if I am totally there.

主人公が同時代のパリやニューヨークに訪れるところもあり、楽しめるのは日本人だけではないはずだ。
There is the scene where a main character visits Paris and New York.
It is not only a Japanese that can enjoy these comics.



実はまだ、読み終えていない。
I have not finished reding yet.

しかしすでに6巻で幕を閉じている。
However, these comics have alredy terminated in Vol.6.

短い作品だが、少しずつ世界と関わっていく、あの頃の日本を楽しんでほしい。
It is a short story.
Japan associates with the world little by little.
I want you to enjoy Japan in those days.



ドラえもんのいる人生でありたかった。

I wanted to spend the life with Doraemon.


“ドラえもん”by藤子・F・不二雄
“Doraemon” by Fujiko.F.Fujio

存在することが当たり前すぎて、意識したことがなかった。
“Doraemon” was natural existence.

“ドラえもん”は日本を代表する漫画・アニメーション作品らしい。
I did not know it.
“Doraemon” seems to be comics and animation on behalf of Japan.

日本人として生まれ育ち27年。
I was born and raised in Japan, and 27 years passed.

物心ついた頃からドラえもんのアニメを見て、漫画を読んで、映画を見てきた人生だ。
When there was discretion.
I watched a “Doraemon” animated cartoon, read comics, and watched movies in my life.

しかし、その生き方は日本人の特権というわけでもなかったらしい。
But, The way of life was not a Japanese special privilege.

中国を筆頭に各国でアニメーションが放映され、“ドラえもん”を知っている地域はもはや特別ではない。
“Doraemon” animation was televised in each country in China by the first on the list.
The area knowing “Doraemon” is not special.

近くに感じていたものが、まさかこれほどまでに偉大なコンテンツだったなんて。
The “Doraemon” that I felt near, Was it so grand contents?

私は人生においての「歯がゆさ」を“ドラえもん”から学んだ。
I learned the impatience in the life from “Doraemon”.


ドラえもんが来るはずの未来が眼前に迫っている。 
The future when Doraemon should come approaches.

ひみつ道具に憧れ、青いロボットの親友が欲しいと何度願っただろう。
Attracted by secret tool, I would wish that I wanted the close friend of a bule robot how many times.

そんな思いを、地球上でどれだけの人々が秘めていたのだろう。
How much people would hide such thought on the earth.


このページのトップヘ