1作目にこれは譲れない。
The first comic, This is it.

「ドラゴンボール」 by鳥山明
“Dragon Ball”  by Akira Toriyama


一応、このブログでネタバレはなしにする。(なるべく)
I do not spoil, to this blog.
...If possible.

「ドラゴンボール」は世界でも有名な日本の漫画のひとつだろう。
“Dragon Ball” may be one of the most famous Japanese manga in the world.

「かめはめ波」という必殺技は国籍問わず叫びたくなるワードのひとつだ。
Everybody wants to say, Finisher “KAMEHAME-HA”.
Other than a Japanese too.

物語は尻尾を生やした少年が世界を旅するところから始まる。
The beginning of story, The boy does a trip to the world. He has the tail. 

コミックは全部で42冊にも及び、少年は大人へと成長しながら強くなっていく。
There are 42 comic in total.
The boy becomes an adult, and he becomes strong.

数々の愛すべきキャラクターに、アクションシーンの臨場感は鳥山明にしか出せない魅力。
Beloved many character, and action scene a sense of reality.
He gives only he has charm.

42冊の中にオススメの巻はいくつもあるが、1番好きなのはやはり1巻かもしれない。
I cannot count it of much recommendation, for 42 comics.
Maybe I like Vol.1.

是非その1冊を手に取って、42巻までのジェットコースターを楽しんでほしい。
 I want a hand to take one book by all means.
Time is instant, like a jet coaster.

Have a good time.