私が生まれる前から、我が家の本棚へ当たり前に並んでいた漫画。
The bookshelf of the house has it, before I am born.

「美少女戦士セーラームーン」by武内直子
”Sailor Moon” by Naoko Takeuchi


漫画・アニメ共に多くの言語へ翻訳され、未だなお熱狂的ファンが世界中にいる。

It was translated many language, of comics and animations.

Still exist a hardcore fan of the world.


残念ながら私は漫画にしか触れていないので、アニメのストーリーは分からない。
Unfortunately, I know only comics.
I don’t know animaition story.

宇宙の星々に人格を持たせたようなその設定は、もはや地球の規模を飛び越えている。
She gave a personality in stars of the space.
The setting is transcend of the earth.

だからこそ世界へ受け入れられやすかったのかもしれない。
Therefore I might be easy to be accepted to the world.

大筋は地球の王子と月の姫による壮大なラブストーリー。
Summary is magnificent love story of prince of the earth and princess of the moon.

時には友情と愛情を天秤にかけるような選択を迫られる、まだ15歳の幼い少女たち。
Choise is sometimes pressed for the friendship or love.
They are still 15 years old.

少女たちはあらゆる苦しみや悲しみを乗り越え、巻を追うごとに強く美しくなっていく。
Girls become beautiful and strong, they get over pains and sorrow.

たった18冊とは思えない、短く長い物語。
There are only 18 books.
The short story,  you will feel it be long.

幼い私は、この漫画で「愛」というものの存在を知った。
When I was young.
I knew the existence of the love, by there comics.

同時に、「恋愛って毒のようなものなのかもしれない」と、まだ見ぬ未来を心配したほどだ。 
At the same time, I became anxious about the future.
I thought “The love may be virtually bad one