ついに、この作品を語るときがきた。
This day finally came, I talk about this comic.

『BEASTARS』by板垣巴留(Paru Itagaki)

日本では2018年にマンガ大賞を受賞し、つい先日アニメの放映が始まったばかりだ。
These comics won Manga Grand Prix in 2018.
The broadcast of the animated cartoon began, in recently.

英訳漫画も発売され、海外ファンの獲得も右肩上がり。
English translation comics was released recently.
Foreign country fans continue increasing.

人類が抱える社会性の問題提起を、ニンゲンを使わずに表現している世界。
Social problem of the human, She express it without employing a human being.

これはもはやただの漫画ではない。芸術だ。
It is not mere comics.
It is art.

どこかで見かけた、 「大人向けのズートピア」という比喩が一番わかりやすいなと感心した。
I saw it somewhere, The most plain metaphor.
”ZOOTOPIA for adults”

見た目がほとんど同じであるニンゲンたちと違って、獣人たちはその良くも悪い個性をさらけ出しながら共生している。
The almost visually same human being.
But, The beast paragon exposes good and bad personality and lives.



しまった。どんな言葉を並べたてても陳腐な表現になってしまう。
Oops...
Even if I arrange any words, Is commonplace; is expressend.

それほどにこの作品は美しく、シリアスで、難しい。
These comics are serious beautifully,and it is difficult so much.
 
現代のニンゲンたちが気づいていないふりをしていることを、さりげなく暴いていく。
The modern human being pretends not to notice, They uncover it casually.

それがいかに図星で、痛いところを突かれているか。
Surely it is true.
As for you, it does not want to be clarified.

ニンゲンの中にも肉食獣はいる。
There is the carnivorous animal in the human being.

草食獣もいる。(ヴィーガンの話ではない)
Grazing beast too.
(It is not the story of Vegan.)

世界中のニンゲンがこの漫画を読んで、本当の共生を知ってくれればいいのに。 
 If human beings of the world read this comic, I want them to know “symbiosis in a true meaning”.