ドラえもんのいる人生でありたかった。

I wanted to spend the life with Doraemon.


“ドラえもん”by藤子・F・不二雄
“Doraemon” by Fujiko.F.Fujio

存在することが当たり前すぎて、意識したことがなかった。
“Doraemon” was natural existence.

“ドラえもん”は日本を代表する漫画・アニメーション作品らしい。
I did not know it.
“Doraemon” seems to be comics and animation on behalf of Japan.

日本人として生まれ育ち27年。
I was born and raised in Japan, and 27 years passed.

物心ついた頃からドラえもんのアニメを見て、漫画を読んで、映画を見てきた人生だ。
When there was discretion.
I watched a “Doraemon” animated cartoon, read comics, and watched movies in my life.

しかし、その生き方は日本人の特権というわけでもなかったらしい。
But, The way of life was not a Japanese special privilege.

中国を筆頭に各国でアニメーションが放映され、“ドラえもん”を知っている地域はもはや特別ではない。
“Doraemon” animation was televised in each country in China by the first on the list.
The area knowing “Doraemon” is not special.

近くに感じていたものが、まさかこれほどまでに偉大なコンテンツだったなんて。
The “Doraemon” that I felt near, Was it so grand contents?

私は人生においての「歯がゆさ」を“ドラえもん”から学んだ。
I learned the impatience in the life from “Doraemon”.


ドラえもんが来るはずの未来が眼前に迫っている。 
The future when Doraemon should come approaches.

ひみつ道具に憧れ、青いロボットの親友が欲しいと何度願っただろう。
Attracted by secret tool, I would wish that I wanted the close friend of a bule robot how many times.

そんな思いを、地球上でどれだけの人々が秘めていたのだろう。
How much people would hide such thought on the earth.