自国の時代物に嵌る前に、外国の時代物に嵌ったのは事実だ。
It has fitted in into the period of foreign country.
Before fitting in into the Japanese period piece.

仕方のないことである。
There is no help for it.

果たして日本の時代物は海を越えても通用するものなのだろうか。。
I wonder if, Will the Japanese period piece pass in a foreign country?

サムラーイ!とか、ニンジャー!とかはただのキャラクターとしての人気にしか思えないし。
Somebody says. "Samurai !!" "Ninja !!"
Surely it will be popularity as the character.

ミッキーマウスが好きなのと、蒸気船ウィリーが好きなのはまた別だよね。きっと。
It is different in a meaning to like Mickey mouse and to like Steamboat Willie.
Probably.

「アシガール」by 森本 梢子
”Ashi-Girl” by Kozueko Morimoto



優秀な弟の発明により開発されたタイムマシン。
The time machine which was developed by an excellent younger brother.

16歳の主人公がたどり着いたのは、450年前の戦国時代。
It is the age of civil strife 450 years ago that a 16 year old main character arrived.

そこで彼女は一番下っ端の兵士「足軽」となり、乱世を生き抜くこととなる。
She becomes the last soldier "Ashigaru" there.
She survives the age of civil strife.

この「足軽」と「ガール」を合わせて「アシガール」という題名が生まれるわけで。
"Ashigaru" and "Girl" are united and become "Ashi-Girl", And the title was created.

タイトルからお粗末なギャグ漫画かと思わされていたが、いい意味で裏切ってくれる。
I thought whether it was a dull gag strip because of the titel.
I was betrayed in a good meaning.

シンプルに、いい作品だと思う。
I think that it is a good comic.

特にヒーローである美男子が、とても私の好みというところでポイントが高い。
What want to tell in particular.
A boy of the part of hero s my preference in handsome men very much.

和服が似合う男子に悪い奴はいないものだ。
I think that there is not the bad guy to a boy looking good with a kimono.


タイムスリップ系はタイムパラドックスとの戦い。
The Time slip thing is a fight with the time paradox.

作品の出来がそこで決まると言っても過言ではない。
The completion of the work is decied there.

伏線の回収+史実との塩梅がすごく綺麗にまとまっているところが、この作品の一番の魅力だろう。
The best charm of this comic, She is collecting a foreshadowing well.
And  she is coordinationg the future world with a historical fact lukily.

私としたことが、読んでいて少し涙ぐんだシーンもいくつかあった。
I have been careless, There was the scene that shed tears a little while reading.

漫画を読んでいて一番思うのは「終わってほしくない」だ。
I am reading a comic and think.
"I do not want you to conclude".

喜ばしいことに、この作品はまだ連載中らしい。
I am glad.
She continues publishing these comics serially.

連載を追いかけるのも漫画好きの務めだ。
It is necessary to chase serialization in real time for comicsphilia.