COMIC JAPAN(仮)

カテゴリ: famous

かつて、ティーンズのバイブルとして一世を風靡。
In the old days, The comics were predominant in a generation as the Bible of the teens.

アニメ化・映画化も果たした超名作。
The comics make it into anime, and the filmization is a done super masterpiece, too.

この熱はもはや、同世代にしか伝わらないだろう。
This passion will surely reach only the same generation.

「ラブ★コン」 by 中原 アヤ
"love ★ com" by Aya Nakahara


クラスで一番背の高いヒロイン。
The heroine who she is a class, and is the tallest.

クラスで一番背の低いヒーロー。
The hero who he is  a class, and is the shortest.

ふたりの掛け合いはしばしば、とある漫才師のようだと揶揄される。
The quarrel of two is made fun of around shen like the famous comedian.

ラブストーリーを主軸にする少女漫画の、「笑い」という弱点を大いに覆した作品だ。
As for the girls' comic, a love story is a main shaft.
The comics overturned a weak point called the laughter that a girls' comic had very much.

会話そのもので笑わせてくれ、話のテンポもよく、キャラ同士のバランスも抜群によい。
When I am reading, it is ridiculous in conversation itself, the tempo of the story is good, the balance between characters is outstandingly good, too.

売れるべくして売れた作品だなと、当時から思っていた。
I thought from those days, When it is the comic which was sold naturally to be popular.

私服で学校に通ったり、彼氏を作ったり、面白い友達に囲まれていたり、、
They are school life is, They go to the high school out of uniform, They make a boyfriend, They make interesting friends.

高校生活に対する憧れが詰まりに詰まった全17巻だ。
This is 17 books clogged up with admiration for the high school life very much.

連載終了が13年前という事実にも絶望しつつ、思い出とのマリアージュを楽しんで読み返そう。
As for me, the end of the serialization despaired of a fact called 13 years ago.
However, we mix a memory and despair, and let's read it again although being a pleasure.

Love★Com, Vol. 1 (English Edition)
Aya Nakahara
VIZ Media: Shojo Beat
2013-06-04

気づいたら2020年でした。
I reached 2020 when I noticed.

2020年はもっと更新頻度をあげていこうと思っているよ。
I update it frequently in 2020.
...Perhaps.

「幽☆遊☆白書」by富樫義弘
”Yu Yu HAKUSHO”by Yoshihiro Togashi

日本の漫画界の歴史を語る上で、外せない一作なのは確実だ。
This inportant comic, in the history of Japanese comics.

妻はEpisode 02で語った竹内直子であるのも、有名なエピソードのうちのひとつ。
His wife is Naoko Takeuchi in Episode 02.
One of the episodes that it is famous.

物語は主人公が死ぬ瞬間から始まる。
Beginning of the story, The main character dies.

彼はその時代を象徴するような、THE ステレオタイプの不良少年。
He is a bad boy.
It is a stereotypic bad boy symbolizing the times.

19冊までの間で、彼は成長どころか…成長しすぎてしまう。
In all 19 comics.
He grows up and... grown up too much.

私は今までに何度も、実際より長く感じる作品について語ってきた。
I talked many times so far.
About a comic to feel to be longer than a fact.

しかしこの作品ほど、実際の巻数より長く感じる漫画は他にない。
I feel these comics to be long most.

ちょっとした問題といえば、主人公たちが15歳に見えないところくらいか。
This is a small problem, The main characters don't look like 15 years old.

日本では10代でこの作品に触れると、憧れが行き過ぎてしまうと言われている。
This is rumor.
The teens can read the comic, It is said that excessive admiration grows up.

キャラクターたちの魅力に魅了されすぎないよう、用法容量を守ってお読みください。
You must not be attracted too much by the charm characters.
Please follow the read and use correctly.



ドラえもんのいる人生でありたかった。

I wanted to spend the life with Doraemon.


“ドラえもん”by藤子・F・不二雄
“Doraemon” by Fujiko.F.Fujio

存在することが当たり前すぎて、意識したことがなかった。
“Doraemon” was natural existence.

“ドラえもん”は日本を代表する漫画・アニメーション作品らしい。
I did not know it.
“Doraemon” seems to be comics and animation on behalf of Japan.

日本人として生まれ育ち27年。
I was born and raised in Japan, and 27 years passed.

物心ついた頃からドラえもんのアニメを見て、漫画を読んで、映画を見てきた人生だ。
When there was discretion.
I watched a “Doraemon” animated cartoon, read comics, and watched movies in my life.

しかし、その生き方は日本人の特権というわけでもなかったらしい。
But, The way of life was not a Japanese special privilege.

中国を筆頭に各国でアニメーションが放映され、“ドラえもん”を知っている地域はもはや特別ではない。
“Doraemon” animation was televised in each country in China by the first on the list.
The area knowing “Doraemon” is not special.

近くに感じていたものが、まさかこれほどまでに偉大なコンテンツだったなんて。
The “Doraemon” that I felt near, Was it so grand contents?

私は人生においての「歯がゆさ」を“ドラえもん”から学んだ。
I learned the impatience in the life from “Doraemon”.


ドラえもんが来るはずの未来が眼前に迫っている。 
The future when Doraemon should come approaches.

ひみつ道具に憧れ、青いロボットの親友が欲しいと何度願っただろう。
Attracted by secret tool, I would wish that I wanted the close friend of a bule robot how many times.

そんな思いを、地球上でどれだけの人々が秘めていたのだろう。
How much people would hide such thought on the earth.



今週は、これ。
This week, This one.

「鋼の錬金術師」by荒川弘
“Fullmetal Alchemist” byHiromu Arakawa


聞くところによると、アメリカではアニメが大ヒット。
I heard that an animated cartoon made a hit in the United States.

その後、英訳された漫画が発売されるほどの成長を遂げているらしい。
Afterwards, It accomplished growth.
A translated into English comic was released. 

私の漫画人生のなかで、これほどまでに計算され尽くした長編漫画を他に見ない。
In my comics life, I have not looked elsewhere.

Well-thought long story so much.
 

大きなものから細かいものまで、全ての伏線をラストスパートで一気に回収しつくす。
She solves all devices, in last spurt.

最後の数巻は鳥肌なしで読むことはできない。
You who read will get goose bumps in last several books.

日本でも二度アニメ化され、一度目は未完だったことからアニメオリジナルの最終話だったというのは有名な話。
It was become an animated cartoon twice in japan.
The first, The comic was not completed.
This is a famous story, It was animated cartoon original ending.

多くのハガレンファンは大体が「どちらも好き」と言うけれど、私はやはり原作の方が好きだな。 
“I like both” says many FMAfans.
But after all, I like the original.

すっきりした絵のタッチと、ほどよい空間配置による読みやすさもこの漫画の良いところ。
Touch of a simple picture, And just right placement.
Because, It is a readability to have good these comics.

宗教や戦争にファンタジーを扱いながら、王道の少年漫画を書ける漫画家も稀だろう。
She treats religion, war, fantasy.
However, She is comic artist writing a boy’s comic of the classic.
Of course, She is a rare parson.

きっと1巻を読み終わったところで、錬成陣の書き方をググるだろうね。
 Surely you will search in Google, Finished reading 1 volume.
“How to write alchemical circle”
 
Fullmetal Alchemist Vol. 1 (English Edition)
Hiromu Arakawa
Yen Press World
2016-12-12


私が生まれる前から、我が家の本棚へ当たり前に並んでいた漫画。
The bookshelf of the house has it, before I am born.

「美少女戦士セーラームーン」by武内直子
”Sailor Moon” by Naoko Takeuchi


漫画・アニメ共に多くの言語へ翻訳され、未だなお熱狂的ファンが世界中にいる。

It was translated many language, of comics and animations.

Still exist a hardcore fan of the world.


残念ながら私は漫画にしか触れていないので、アニメのストーリーは分からない。
Unfortunately, I know only comics.
I don’t know animaition story.

宇宙の星々に人格を持たせたようなその設定は、もはや地球の規模を飛び越えている。
She gave a personality in stars of the space.
The setting is transcend of the earth.

だからこそ世界へ受け入れられやすかったのかもしれない。
Therefore I might be easy to be accepted to the world.

大筋は地球の王子と月の姫による壮大なラブストーリー。
Summary is magnificent love story of prince of the earth and princess of the moon.

時には友情と愛情を天秤にかけるような選択を迫られる、まだ15歳の幼い少女たち。
Choise is sometimes pressed for the friendship or love.
They are still 15 years old.

少女たちはあらゆる苦しみや悲しみを乗り越え、巻を追うごとに強く美しくなっていく。
Girls become beautiful and strong, they get over pains and sorrow.

たった18冊とは思えない、短く長い物語。
There are only 18 books.
The short story,  you will feel it be long.

幼い私は、この漫画で「愛」というものの存在を知った。
When I was young.
I knew the existence of the love, by there comics.

同時に、「恋愛って毒のようなものなのかもしれない」と、まだ見ぬ未来を心配したほどだ。 
At the same time, I became anxious about the future.
I thought “The love may be virtually bad one



このページのトップヘ