COMIC JAPAN(仮)

カテゴリ: favorite

しばらくお待たせしました。
I’m sorry.
Thank you waiting for so long.

今週は高橋留美子による色褪せない名作のひとつを紹介しよう。
This week, One of the masterpieces which she made.

“めぞん一刻” by高橋留美子
“Maison Ikkoku” by Rumiko Takahashi 

未だ現役漫画家の高橋留美子氏だが、この作品の連載は40年前に遡る。
She is still an active comic artist.
But, This comic is before 40 years.

1980年11月から7年に渡る連載。
She published it serially for 7 years, since 1980.11.

総巻数15冊と他の作品と比べてもあまり長くはないが、 それでもあまりにじれったい。
There are 15 volumes in all.
In comparison with other comics, it is not a long work either.
A story does not advance.

たった15冊とは思えないほどに、長く長いじれったさを感じる作品なのだ。
There are only 15 books.
I don’t think with only 15 books.
I felt this story to be long long “じれったい” story.

※“じれったい” is difficult to explain...
A story doesn't readily advance, and doesn’t turn out the way to think.

個性の強すぎるキャラクターが多く出てくるのも高橋留美子作品の魅力のひとつ。
Many strong character of the personality in the story.

レギュラーキャラクターがこれだけ多いと、茶々を入れている間に1話終わっていることも珍しくない。
There are too many regular characters.
Their interrupting disturbs the progression of story.

一歩進んでは五歩下がるような一刻館でのラブコメディ。

Romantic comedy day like the take one step forward and five steps back.
That place “Ikkoku-kan”.
 

一筋縄ではいかない恋愛模様の描写は、逆にフィクションではなかなかお目にかかれない。
The not easy love description that she draws.
Backword, It is unusual in the fiction.

奥手な日本人らしさ溢れた恋愛漫画であることは、私が保証させていただこう。 
Love comics full of Japonism.
I guarantee it.

もしかすると、日本人以外にはカルチャーショックもあり得るだろうか……。
Maybe...
Cultural shock may be caused, Other than a Japanese.
 

ついに、この作品を語るときがきた。
This day finally came, I talk about this comic.

『BEASTARS』by板垣巴留(Paru Itagaki)

日本では2018年にマンガ大賞を受賞し、つい先日アニメの放映が始まったばかりだ。
These comics won Manga Grand Prix in 2018.
The broadcast of the animated cartoon began, in recently.

英訳漫画も発売され、海外ファンの獲得も右肩上がり。
English translation comics was released recently.
Foreign country fans continue increasing.

人類が抱える社会性の問題提起を、ニンゲンを使わずに表現している世界。
Social problem of the human, She express it without employing a human being.

これはもはやただの漫画ではない。芸術だ。
It is not mere comics.
It is art.

どこかで見かけた、 「大人向けのズートピア」という比喩が一番わかりやすいなと感心した。
I saw it somewhere, The most plain metaphor.
”ZOOTOPIA for adults”

見た目がほとんど同じであるニンゲンたちと違って、獣人たちはその良くも悪い個性をさらけ出しながら共生している。
The almost visually same human being.
But, The beast paragon exposes good and bad personality and lives.



しまった。どんな言葉を並べたてても陳腐な表現になってしまう。
Oops...
Even if I arrange any words, Is commonplace; is expressend.

それほどにこの作品は美しく、シリアスで、難しい。
These comics are serious beautifully,and it is difficult so much.
 
現代のニンゲンたちが気づいていないふりをしていることを、さりげなく暴いていく。
The modern human being pretends not to notice, They uncover it casually.

それがいかに図星で、痛いところを突かれているか。
Surely it is true.
As for you, it does not want to be clarified.

ニンゲンの中にも肉食獣はいる。
There is the carnivorous animal in the human being.

草食獣もいる。(ヴィーガンの話ではない)
Grazing beast too.
(It is not the story of Vegan.)

世界中のニンゲンがこの漫画を読んで、本当の共生を知ってくれればいいのに。 
 If human beings of the world read this comic, I want them to know “symbiosis in a true meaning”.

最近の私が真っ先に読み進めている作品。
I have read comics recently.

“BLUE GIANT” by石塚真一(Shinichi Ishizuka)
“BLUE GIANT SUPREME” by石塚真一(Shinichi Ishizuka)


音を感じる漫画、と言っても過言ではない。
It isn’t exaggeration to say that I feel a sound from comics.

もちろん、音が出る絵本のようにページに仕掛けがしてある訳でもなく。
Of course, Of the devece there is not at all like a picture book appears of the sound.

見た目は一切の変哲もない、ただの漫画であることは確かだ。
The normal comics, There isn’t the strange point visually.

主役は1本のサックス。
The leading role is one sax, in this story.

誰も彼を知らないジャズの世界で、一人、また一人が彼を知り虜になっていく。 
Nobody knows him in the world of the jazz.
The people who knew him increased by one again and one again.
Everybody became his captive.

ジャズが好き、サックスが好きという真っ直ぐな想いだけで戦う主人公の情熱を前に、読み進める手を止められはしないだろう。
He like jazz.
He like sax.
He fights against straight thought.
We did the passion of the chief character in front, As for us ,a hand was not stopped to read.

“BLUE GIANT SUPREME”は“BLUE GIANT”の続編。
“BLUE GIANT SUPREME” is sequel to “BLUE GIANT”.
 
とはいえ、全てひと続きの作品と捉えてもらったほうがいい。
But, I want you to arrest him when you are connected all.

“BLUE GIANT SUPREME”から読んでしまうとサッパリ分からないはずなので、気をつけて。
You do not understand that you read from “BLUE GIANT SUPREME”, Carefully.

まだ完結していないのもあるが、この作品については多くを語れない。
This comics has not yet concluded, And I cannnot talk about most about this comics.

まず読んでみてほしい。そして、その音と情熱を感じてみてほしい。 
At first, I want you to read.
And, I want you to feel sound and passion.

やっぱり「好き」を仕事にするっていいな、と、改めて思った。 
I thought some other time.
“Make a favorite thing work” is good.

私も頑張ろう。 
I will do my best, too. 

3作目はこちら。
The third comic.

「イタズラなKiss」by多田かおる
“Itazura Na Kiss” by Kaoru Tada


今回は3作目にしてやっと自分の好みだけで作品を選ぼうと思ったのだけど、やはり有名な作品になってしまいますね。

I intended to choose favorite comics.

but, I choose famous comics.


私だけが知ってる名作なんてなかなかありえないものです。
only I know comics” 

Such a thing is impossible.


思い返せば20年前母の本棚に並んでいて、私が生まれて初めて読んだ漫画。
I remember, 20 years ago.

It equalled a bookshelf of mother.

I read comics for the first time in my life. 


少女漫画界の歴史に残る、未完の名作といえばこの作品でしょう。

Go down in girls comic history, This is incomplete and masterpiece.


英語訳のコミックだけでなく、韓国や台湾、タイの3カ国でドラマ化もされています。

this is incomplete and masterpiece, and dramatized in Korea,Taiwan and Thailand.
 

20年経っても色あせず愛され続ける秘密は、主人公「琴子」が恋する「入江くん」の魅力にあります。

It continued being loved for 20 years.
The reason is  “Irie-kun”, He is liked by chief character “Kotoko”.
 

全23巻、終わらないストーリーの中で琴子はずっと入江くんに恋しているんです。
Total 23 books.

Kotoko is in love with him all the time, In a story not to be over.
 

少しも脇目を振らず、ただただ「好き」というパワーだけで押し通す23冊なんです。

She does not take notice of other people.
The only love story.


年を重ねれば重ねるほど、そんな純粋な恋心とは縁遠くなる私たち。

We leave pure love feeling, When I repeat age.


読み返すたびに違った感動が味わえる、そんな作品になっています。 

I am impressed even if I read how many times.


これぞ、少女漫画の王道。
This is classic girls comics.

こんな学生生活、送ってみたかった。 
I wanted to spend it school life.
 

このページのトップヘ