COMIC JAPAN(仮)

カテゴリ: favorite

自国の時代物に嵌る前に、外国の時代物に嵌ったのは事実だ。
It has fitted in into the period of foreign country.
Before fitting in into the Japanese period piece.

仕方のないことである。
There is no help for it.

果たして日本の時代物は海を越えても通用するものなのだろうか。。
I wonder if, Will the Japanese period piece pass in a foreign country?

サムラーイ!とか、ニンジャー!とかはただのキャラクターとしての人気にしか思えないし。
Somebody says. "Samurai !!" "Ninja !!"
Surely it will be popularity as the character.

ミッキーマウスが好きなのと、蒸気船ウィリーが好きなのはまた別だよね。きっと。
It is different in a meaning to like Mickey mouse and to like Steamboat Willie.
Probably.

「アシガール」by 森本 梢子
”Ashi-Girl” by Kozueko Morimoto



優秀な弟の発明により開発されたタイムマシン。
The time machine which was developed by an excellent younger brother.

16歳の主人公がたどり着いたのは、450年前の戦国時代。
It is the age of civil strife 450 years ago that a 16 year old main character arrived.

そこで彼女は一番下っ端の兵士「足軽」となり、乱世を生き抜くこととなる。
She becomes the last soldier "Ashigaru" there.
She survives the age of civil strife.

この「足軽」と「ガール」を合わせて「アシガール」という題名が生まれるわけで。
"Ashigaru" and "Girl" are united and become "Ashi-Girl", And the title was created.

タイトルからお粗末なギャグ漫画かと思わされていたが、いい意味で裏切ってくれる。
I thought whether it was a dull gag strip because of the titel.
I was betrayed in a good meaning.

シンプルに、いい作品だと思う。
I think that it is a good comic.

特にヒーローである美男子が、とても私の好みというところでポイントが高い。
What want to tell in particular.
A boy of the part of hero s my preference in handsome men very much.

和服が似合う男子に悪い奴はいないものだ。
I think that there is not the bad guy to a boy looking good with a kimono.


タイムスリップ系はタイムパラドックスとの戦い。
The Time slip thing is a fight with the time paradox.

作品の出来がそこで決まると言っても過言ではない。
The completion of the work is decied there.

伏線の回収+史実との塩梅がすごく綺麗にまとまっているところが、この作品の一番の魅力だろう。
The best charm of this comic, She is collecting a foreshadowing well.
And  she is coordinationg the future world with a historical fact lukily.

私としたことが、読んでいて少し涙ぐんだシーンもいくつかあった。
I have been careless, There was the scene that shed tears a little while reading.

漫画を読んでいて一番思うのは「終わってほしくない」だ。
I am reading a comic and think.
"I do not want you to conclude".

喜ばしいことに、この作品はまだ連載中らしい。
I am glad.
She continues publishing these comics serially.

連載を追いかけるのも漫画好きの務めだ。
It is necessary to chase serialization in real time for comicsphilia.

2月になってしまったし、今日は少し趣向を変えた作品を。
It has been February.
I try to change some ideas today.

「ナナとカオル」 by 甘詰 留太
”Nana and Kaoru” by Ryuta Amazume


高校生同士の甘酸っぱい恋物語。
It is a bittersweet story, Two are high school students.

二人の関係をつなぐのは、SMプレイだった。
Bondege and discipline joined two relations together.

日常と非日常が生むコントラストを描くこの漫画は、決してただのエロ漫画ではない。
He describes daily contrast in these comics the extraordinary.
This is not a mere comic pornographic manga.

期待している人には残念なお知らせだが、直接的なエロシーンは、ない。
It is the news that is disappointing for you.
These comics do not have the direct eroticism scene.

彼らはプレイを通して会話をし、お互いを分かり合っていく。
They talk through bondege and discipline, And they understand each other.

年齢特有の悩みもあれば、恋愛感情が生み出す人間関係のこじれ。
Trouble only by the teens, And of human relations by the romance pry.
 
ただのSM漫画を読みたいと思って読んだ人はきっとびっくりする。
The parson who read will be surprised to think that it is mere bondege and discipline comics.

これは最高の純愛漫画だ。
This is the best innocent love comic.

正直こんなことを言っていいのかわからないが、そのへんの少女漫画よりよっぽど心にクる。
To be frank, I do not know whether I may say such a thing.
The comics move a herat than these typical girls comics.

10代の恋心を思い出したい人には是非、オススメしたい。
I want to recommend it tto the parson who wants to remenber teenage love heart.



最近時代モノにハマっている。
Recently, I like comics of the period piece .

「王国の子」 by びっけ
”Child of the kingdom” by Bikke


歴史&フィクション&ノンフィクションは神様が考えた配合。
History and fiction and nonfiction.
The combination that God thought about it.

まさに黄金比率。
The right golden ratio.

遡ること1500年代。王家を守るために存在した影武者というストーリーだ。
Dates back until the 1500s.
The story that there was a mastermind to protect a royal family.

史実を辿りながら、生き生きと描かれる登場人物たち。
The characters are drawn lively while following a historical fact.

こんなストーリー、ノンフィクションであればいいのに。
It should be such a story, nonfiction.

こんなストーリー、フィクションであればいいのに。
It should be such a story, fiction.

読み進めながら、ふたつの思いが交錯する。
Two thought mixes while being able to go on reading it.

読み終えたとき、かつて生きていた彼女に思いを馳せるだろう。
When you habe finished reading it.
You will think about har who has ever lived.

読み終えたとき、彼女の痕跡を辿りたくなるだろう。
When you habe finished reading it.
You will want to follow har trace.



困りごとがやっと解決。
The matter is settled at last.

PCキーボードのCがどうしても見つからなくて、古いPCをやっと引っ張り出してきた。
C of the keyboard disappeared.
I found out an old PC.

今週はこれ。
This week, This one.

「ニュクスの角灯」 by高浜 寛
”Nyx Lantern” by Kan Takahama



まだ、世間への浸透感は薄い。
The world has not shown interest yet.

しかし、2018年ですでに受賞歴があり、世間に広まるのは時間の問題だろう。
However, He won a prize in 2018.
It is a matter of time that he is known to the world.

描かれるのは1878年、日本では明治時代と呼ばれる。
He created a story of 1878.
We called that time the Meiji era in Japan.

当時外国との接点が少なかった日本の、数少ない玄関口のひとつ、長崎。
Japan at the time did not have a relation with a foreign country.
One of a few ports is Nagasaki in that.

国外から持ち寄られるアンティークに心を躍らせる、ひとりの少女。
The girl who is moved a heart to a foreign antique.

日本が歴史から現代に変わっていく様を、まるでそこにいるかのように感じることができる。
Japan changes from history to the present age, I can feel it as if I am totally there.

主人公が同時代のパリやニューヨークに訪れるところもあり、楽しめるのは日本人だけではないはずだ。
There is the scene where a main character visits Paris and New York.
It is not only a Japanese that can enjoy these comics.



実はまだ、読み終えていない。
I have not finished reding yet.

しかしすでに6巻で幕を閉じている。
However, these comics have alredy terminated in Vol.6.

短い作品だが、少しずつ世界と関わっていく、あの頃の日本を楽しんでほしい。
It is a short story.
Japan associates with the world little by little.
I want you to enjoy Japan in those days.




しばらくお待たせしました。
I’m sorry.
Thank you waiting for so long.

今週は高橋留美子による色褪せない名作のひとつを紹介しよう。
This week, One of the masterpieces which she made.

“めぞん一刻” by高橋留美子
“Maison Ikkoku” by Rumiko Takahashi 


未だ現役漫画家の高橋留美子氏だが、この作品の連載は40年前に遡る。
She is still an active comic artist.
But, This comic is before 40 years.

1980年11月から7年に渡る連載。
She published it serially for 7 years, since 1980.11.

総巻数15冊と他の作品と比べてもあまり長くはないが、 それでもあまりにじれったい。
There are 15 volumes in all.
In comparison with other comics, it is not a long work either.
A story does not advance.

たった15冊とは思えないほどに、長く長いじれったさを感じる作品なのだ。
There are only 15 books.
I don’t think with only 15 books.
I felt this story to be long long “じれったい” story.

※“じれったい” is difficult to explain...
A story doesn't readily advance, and doesn’t turn out the way to think.

個性の強すぎるキャラクターが多く出てくるのも高橋留美子作品の魅力のひとつ。
Many strong character of the personality in the story.

レギュラーキャラクターがこれだけ多いと、茶々を入れている間に1話終わっていることも珍しくない。
There are too many regular characters.
Their interrupting disturbs the progression of story.

一歩進んでは五歩下がるような一刻館でのラブコメディ。

Romantic comedy day like the take one step forward and five steps back.
That place “Ikkoku-kan”.
 

一筋縄ではいかない恋愛模様の描写は、逆にフィクションではなかなかお目にかかれない。
The not easy love description that she draws.
Backword, It is unusual in the fiction.

奥手な日本人らしさ溢れた恋愛漫画であることは、私が保証させていただこう。 
Love comics full of Japonism.
I guarantee it.

もしかすると、日本人以外にはカルチャーショックもあり得るだろうか……。
Maybe...
Cultural shock may be caused, Other than a Japanese.
 


このページのトップヘ